国立大学院生から見た臨床心理士・公認心理師の違い

こんにちは、Ryotaです。
僕は現在、国立大学院で臨床心理学を学んでいます。

公認心理師法が成立して以来、心理業界は混乱が生じています。

特に大学で心理学を専門に学んでいる人たちにとって、現在まで最高峰資格であった臨床心理士と、新たに創設された公認心理師のどちらを取得すれば良いのか?という疑問が湧きます。

「メンタルケアカウンセラーなど他にも色々あるじゃないか!」と思われる方もいるかもしれませんが、そもそも民間で心理カウンセラーと名乗っている人たちは、何の資格も持たない人たちがほとんどです。もしくはお金を払えば数日の研修で発行してもらえる資格を持っているのみです。

心理学の専門職は、そういう人は占い師と同程度にしか考えていません。ついでに言っておくとマジシャンやメンタリストも心理学の専門職ではありません。心理現象を生かしたエンターテイメントです。

現在、国内で心理学の専門職として社会的に認められているのは、以下の資格です。
ここに該当しなければ、社会的には「自称カウンセラー」ということです。

・臨床心理士
・公認心理師
・学校心理士
・臨床発達心理士

その他、認定心理士(大学で心理学を修めた)、各学会資格(認定カウンセラーなど)は、正式なルートで心理学を学んでいる人だと言えるでしょう。

「臨床心理士と公認心理師のどちらを取得すれば良いのか?」という話に戻りますが、結論から言うとどちらも取るというダブルホルダーが無難でしょう。

臨床心理士と公認心理師の大きな違いは、以下のようにいくつかあります。

民間資格 or 国家資格

臨床心理士は民間資格です。

とはいえ、文科省認可の機関が認定を行っており、学校教育法に基づいて設置されるいわゆる1条校で養成されます。そのため、正確には半官半民という公共性を帯びた資格です。

一方、公認心理師は文科省と厚生労働省が共通で管理する国家資格です。

国家資格ということは国が認めたということですから、それだけで資格として強い効力を発揮すると言えます。

また、臨床心理士は民間資格ですから、倫理要綱によって縛られていますが、公認心理師は国家資格なので法律によって縛られます。違反すれば罪となるということです。

仕事内容の違い

基本的には同じですが、一点異なる点があります。

臨床心理士は仕事内容の一つに「研究」が存在します。

これは日本の臨床心理士が、米国の臨床心理士を参考に創設されたからです。

臨床心理士は、現場で心理療法を行う一方で、その実践を大学などの研究機関に持ち帰り研究して、さらに良い実践に結びつける(逆も然り)という実践者であり科学者であるという2つの側面を同時に持つ存在です。

これは専門的には、「科学者ー実践モデル」と呼ばれています。

公認心理師にはこの「研究」の義務がありません。なお、情報提供などは行うとされています。

医師との関係

公認心理師設立の背景にはこの医師との関係が深く関わっています。

臨床心理士は医師の指示に従う必要がなく、独立して心理業務を行うとされています。ただし、必要な場合、医師との連携・協力はすると規定されています。とはいえ、実際には医師の指示は通らないということです。

一方、公認心理師は、医師の指示を受ける義務があります。
もっとわかりやすくいうと、「医師の命令は聞けよ」ということが法律に記載されているわけです。

先ほど述べた通り、公認心理師は法律によって縛られますから、指示に従わないとなると法により裁かれます。

公認心理師設立にあたっては、かなり医学界からの意見が取り入れられています。
この事実を知るとある程度、公認心理師成立の背景が見えてきます。

ざっくりいうと以下の結論が導き出されるでしょう。

臨床心理士は医師にとって使いにくい。
医師にとって使いやすい心理士(公認心理師)が欲しい。

ただし、制度上からも公認心理師を創設したかったのではないかということも言えます。

医療業界は、医師・看護師・薬剤師など、どれをとっても国家資格です。
心理だけが臨床心理士でしたが、これは見なし規定と言って、公認心理師ができるまで仮に臨床心理士を任用するという雇用の仕方でした。

そのため、公認心理師創設は、医学界にとって自然な流れだとも言えます。

臨床心理士と公認心理師の棲み分け

今後、臨床心理士と公認心理師の棲み分けはどうなっていくのでしょうか?

まず国立大学の教授に尋ねたところ、どの教授もだいたい意見は同じでしたのでそれをお伝えしましょう。

だいたい一致していると感じたのは以下の点です。

・医療分野は公認心理師メインになる
・臨床心理士がなくなることはない
・公認心理師は連携をする心理職の専門家、臨床心理士は個人心理療法の専門家という棲み分け
・社会的には公認心理師がメインになり、臨床心理士は下火になる傾向
・学歴による分類がなされるかもしれない(学部卒でも取得可/大学院卒必須)

これらを踏まえた上で僕の意見をお伝えします。

今後の心理業界は公認心理師メインで、臨床心理士はマニアックな心理士のイメージになっていくのではないかと思います。

特に公認心理師はエビデンス・ベイスド・アプローチ(科学データに基づく心理学)を基礎に据えているので、社会的にも時流にも乗ったものとなっていくでしょう。一方、臨床心理士が扱ってきた精神分析や人間性心理学はエビデンスに乏しく古い心理学という印象が拭えません。

そのため、医療業界をはじめとした科学的根拠に基づいたアプローチを重視する分野では、公認心理師が中心的に活動することになることは避けられないでしょう。

しかし、一方で臨床心理士はやはり培ってきた実績と信頼感があります。
特に個人心理療法には定評があります。公認心理師も臨床心理士の積み上げてきた経験を参考にしなければ成り立たないでしょう。

臨床心理士と公認心理師がどちらも心の専門家として日本で活動していけるようになっていけば良いと願っていますが、今後10年ほどでどう変化していくのか見守っていくしかなさそうですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です